小型風力発電

小型風力発電とは

  • JISにおいて風車の直径が16m以下
    (受風面積200㎡以下)
  • 電気事業法において
    出力規模が20kW未満の製品

小型風力発電の特徴

  • 比較的容易に設置できます。
  • 電力を使用する建物のそばに設置でき、企業PR、エコのシンボルとしても使用できます。
  • 設置面積が小さく場所を取りません。
  • 分散型電源として地産地消のまちづくりに利用できます。
  • 蓄電池を併設することにより非常用・防災用電源として利用できます。

固定価格買取制度による売電

平成28年度の買取価格(1kW当たり)

買取価格が55円

買取価格は設備の導入費用と、その普及具合で価格の見直しをされます。
小型風力発電は、まだまだ普及していないので高い買取価格が設定されています。

(買取期間20年間)

風況による売電予想

年間平均風速m/s予想発電量kWh予想売電金額(税抜き)
541,0642,258,520円
660,6703,336,850円
778,1614,298,855円

(風速5m/s以上のサイトを奨励)

予想発電量は『CF20 JAPAN Limited』を設置した場合の値であり、
第三者認証機関『Intertek』の試験結果による。

CF20 JAPAN Limited Made By C&F Green Energy

  • 出力が19.5kWと、小型風力発電機でNK認証を取得しているもののの中では最大の出力になります。
    CF20 JAPAN Limitedは日本向けFIT制度に適応するよう出力制限をし、9m/sで定格出力に達することができます。
  • 可倒式構造であるため、設置、メンテナンス費を抑えられるだけでなく、台風などの風害対策も可能です。
  • 風車上部に設置されている風車風速計は本体に搭載されているコンピューターに接続されており、リアルタイムで風向に追随します。
    また、翼の仰角制御によってクラス最高の出力が生み出されます。
CF20 JAPAN Limited パンフレット CF20 JAPAN Limited パンフレット
CF20 JAPAN Limited 動画 CF20 JAPAN Limited 動画
  • 太陽光発電システム
  • スパコンR

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせはメールフォームへ