産業用 太陽光発電システム

設計・施工

太陽光発電システムは、同じシステムから必ずしも同じ発電量が得られるという訳ではありません。

太陽光発電システムの設計は、その設置場所から最大限の発電が出来るよう方位、角度を考慮したレイアウトを描くことから始まります。
そしてそのプラントに応じたモジュール、パワーコンディショナーの選定に始まり、その各機器が定格の能力を発揮できるような電気回路を組みます。
『製品品質×施工品質×設計品質』の掛け算が、最高のパフォーマンスを発揮するよう設計することが大切です。

製品品質×施工品質×設計品質