産業用 太陽光発電システム

ケーブル&コネクタ

ケーブルイメージ

『良い太陽光発電システムは、ケーブルを見たらわかる』と言われています。

一般的に、太陽光モジュール本体のケーブルは銅線径4.0㎜の電気ケーブルを採用しています。しかし日本の太陽光発電では、それに接続する延長ケーブルは銅線径2.5㎜もしくは3.5㎜の物が使われています。
弊社では発電した電気をロスなく送電する為、銅線径4.0㎜の延長ケーブルを採用しています。

一般的なケーブルと昭和エコシステムのケーブルの違い